起業したいけど、とりあえず「就職」っていた方が良いのか?

Pocket

 

こんにちは、シューゴです。

 

僕は大学生の頃からネットビジネスを始めて

今では介護の仕事と並行してビジネスをしてるんですが、

ビジネス初心者のあるあるの質問として、

「近いうちに起業したいのですが、一度は就職しとくべきですか?」

というのがあります。

 

これは、僕も持ってた悩みですし

特に親に言われて悩んでしまうことが多いみたいですね。

 

で、早速結論を言ってしまうと

とりあえず就職するくらいなら、

さっさと起業してビジネスを始めた方が良いです。

 

大学生の間にネットビジネスを知ったけど、

そのことを親に相談したら「そんなのやめておけ。就職しなさい」的なやつです。

 

僕の家庭はガチガチの公務員家庭だったので

起業したいと相談するもんなら反対されるのは

目に見えていたので相談なしでビジネスを始めました。

 

本気で独立をして自分の力でビジネスを

していくのであれば就職するのは遠回りです。

 

あ、でも例外として就職した方が良い例もあって

それは目標に直結した場合です。

 

例えば、将来はジムを経営したいとか。

この場合は一度現場を知っておくためにも就職した方が良いです。

他にもカフェを経営したいのであれば

カフェで実際に働いてみて経験してみるべきだと思います。

 

こういった、

目標に直結するための就職であればそれで良いと思います。

 

ですが、

起業する前に世の中のルールや常識やマナーを知っておこう、

といった理由からテキトーに就職してしまうのはもったいないです。

 

ある程度の社会のルールや仕組みは今の時代、本やネットで

いくらでも学ぶことができます。

 

あとこれは持論ですが、

ビジネスで稼ぐことと社会の常識を知ることはそんなに関係ないです。

社会のことを知ったからといって、それが稼ぎに直結するわけでもないです。

 

なのでわざわざ就職して

やりたくもない仕事を我慢しながら時間を浪費してしまうのは

機会損失だし、会社にとっても失礼です。

 

しかも、社会のルールや流れを自分でビジネスをすれば

すぐに学ぶことができるし、むしろ就職するよりも身にしみて学ぶことができます。

 

絶対に就職しなければ社会のルールや常識、流れなんかを学ぶことができない。ということなんてないし、

それならとっとと自分のビジネスを持った方が早いです。

 

僕の知り合いでも、学生の時からビジネスを始めた人がいますが、

彼らを非常識な人間だと思ったことは1度もないですし、

むしろ自発的に行動してる方たちばかりなので

一般的な人よりも知識や経験が豊富な印象を持ちましたね。

 

 

ガチで独立を目指してるのなら、そのための必要なルールや常識から知るべきです。

それを考えても、とりあえず就職をしてしまうのは独立して稼ぐこととはかけ離れてしまいます。

 

 

あとこれもよくあるんですけど、

「就職したこともないくせに起業や独立なんて無理だ!」

という人たちもいますが、他の記事でも言いましたが、

サラリーマンと経営者のシステム、仕組みそのものが全く別なので就職しなくても稼ぐことはできますし、成長スピードも桁違いです。

 

当然、自分でビジネスしてる人の方が知識も経験も増えるので

人間として成長するスピードも早いなと思います。

 

 

会社の決められたマニュアル通りに、何も考えすに仕事するよりかは、

自分で不用品でもなんでも良いのでメルカリに出品してみた方が

よっぽど稼ぐための知識も経験も身につきますよ。

 

自分でビジネスして稼ぐスキルと、サラリーマンで稼ぐスキルは全く別物なので尚更サラリーマンマインドからは抜け出すべきだと思っています。

 

僕も現在介護職で雇われて仕事をしてるわけですが、

このネットビジネスと介護職では考え方を変えて

ビジネスをしています。

 

サラリーマンとして最も必要なスキルは、

与えられた仕事をいかにこなすかですが、

経営者として最も必要なスキルは、

マーケティングや物を売るスキルなので、サラリーマンのスキルを上げたところでビジネススキルが上がるわけではありません。

 

ただ、ネットビジネスの場合は

そんなにスキルがなくても商品は売ることができるし、

大企業のような莫大な資金をかけてマーケティングを仕掛ける必要もないので参入障壁はかなり低いです。

 

それこそ、本や教材なのでビジネスのスキルや思考を学んだ方が、

就職して会社で働いて勉強するよりも早いです。

その方がより独立して稼ぐことに直結した知識が学べます。

 

しかも、経営者の思考が全くなかったり、自分でビジネスをしていこうといった考えそのものに否定的な考えの会社員の中で長い時間一緒にいると、

自分もその考え方に染まってしまい気がつけば行動しなくなってしまう可能性も上がります。

 

そうなってしまったら本末転倒です。

 

実際、そういう人たちはかなり起業に対して否定的な意見や

ドリームキリングを浴びせてきますし、

それに悩んで起業を断念してしまう人もこれまで何人も見てきましたし・・・。

 

なんとなく会社に就職して、そのまま起業の夢を諦めて、

そのまま歳を重ねてしまい、気がつけばもう何もできない体になってしまった・・・

そんな悲劇になってしまってはもう取り返しがつきません。

 

他にも、仕事や業務自体が多忙すぎて諦めてしまうパターンもあります。

朝早くから夜遅くまで会社で働いて、そのまま家に帰ってバタンキューみたいな。

 

こうなると独立どころではなくなります。

 

きっと自分にとって都合の良い言い訳をして

最終的に何も行動しなくなるのがオチです。

 

会社で使う労力をそのままビジネスに使うことができたら、

かなりスキルも身について、結果も出て自由な生活ができるはずだったのに、

そうなってしまったら元も子もありません。

 

・・・・と、いった感じでここまで長々と話してきましたが、

「とりあえず就職」はしなくても良いです。

 

会社の中でどうしてもやりたいことがあったり、

上記のように目標に直結する場合であれば就職するのはアリですが、

そういった明確な理由がなければネットビジネスを本気でやった方が良いです。

 

 

1000円→0円のAmazon電子書籍をどうぞ



19歳でこの世界を知って、
今では月収40万ほど稼いでおり、
インターネットを使ってご飯食べています。

元々は言葉がスムーズに話せない吃音症という
障害持ちですし、
就職活動もボロボロでダメ人間でした。

そういった状況からビジネスに出会い、
2年半無収益でしたが諦めずに取り組んだところ、
今まで出来なかったことが出来るようになったり
行動の選択肢が増えました。

ビジネスを学んでいく過程で、

収益をもたらす仕組みを作る方法や
思考を磨く方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化させる方法
価値を作り出す方法

etc・・・

学校教育では絶対に教えてくれないことを
この歳になってやっと知ることが出来ました。

今までの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は自分でコントロール出来なくても
正しく勉強してしっかり取り組めば、
誰だって資産を作れて自由になれることを確信しています。

そういった人たちが
1人でも多く増えれば、
もっと希少性のある人間が増えて
便利で面白いサービスがどんどん増えて
世の中がさらに面白くなってくるのでは?
と考えたんです。

こういった理念から、
僕の今までの経験を元に
どのようにしてダメダメな状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリーを
1冊の電子書籍にしました。

「ビジネスをやっていく上で1番始めのバイブル本」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
電子書籍「労働脱却バイブル」を読んでみる

メールアドレスを入力すればすぐに読めます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし今回の記事が役に立った! と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この下のボタンから簡単にシェア出来ます  

【↓の画像をクリックしてインターネットで稼いで同い年の2倍稼ぐストーリーを読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です