どこで勉強すればいいのかのズバリ答えるよ。

Pocket

 

 

こんにちはー。書かない先生こと

シュウゴです。

 

 

今日はどこで勉強したら良いのか

について書いていきたいと

思います。

 

皆さんは普段どこで勉強

していますか?

 

 

自分の部屋や学校の図書館、

塾の自習スペース、ファミレス

など勉強場所は様々ありますよね。

 

 

では、一体どこで勉強したら

成績は伸びるのでしょうか?

 

 

それは、

 

 

 

どこでもいいです笑

 

 

 

 

 

期待はずれの答えですいません笑

 

 

人によって集中できる場所は違いますし

自分が集中できる場所で勉強することが

1番だと思います。

 

 

僕だと自分の部屋だとベッドもあるし

漫画もあるし、携帯もあるので

外に出て図書館で勉強することが多かったですね。

 

 

あと、僕の場合静かすぎると逆に集中できなかった

ので図書館ページをめくる音や、

ペンでガリガリと書く音などが自分にとって

ちょうどいいうるささでした。

 

 

このように自分に合った勉強場所を

見つけるのもそうなのですが、

ここで1つ意識して欲しいことがあります。

 

 

それは、

 

 

 

勉強はどこでもできる

ということです。

 

 

 

 

この思考を持っておくと

レベルの高い受験生になることができます。

 

 

 

勉強なんて別に机に座らなくても

できるんですよね。

 

 

前提として勉強というのは知識を

身につけることで、

そのためにはインプットしてアウトプットしなければ

いけないわけです。

 

 

なので、机に座らなくても

インプットとアウトプットができてれば

オッケーなので場所は特に重要ではないんですよね。

 

 

例えば、学校行くときの通学の電車の中で

英単語帳をパラパラ見るだとか、

全校集会の始まる前にウダウダとしてるあの

無駄な時間に日本史の単語覚え直すとか

 

 

 

スキマ時間がちょっとでもあったら

場所を問わずに勉強できるのが

レベルの高い受験生です。

 

 

 

 

僕なんてお風呂で勉強してましたね。

当時やっていたのはネクステージという

英語の文法問題集だったんですが

まあ、案の定湯気でボロボロになりましたが笑

 

 

ですが、参考書なんてたかだか1000円ちょい

なんでもう1冊同じ参考書を買えばいいわけですよ。

 

 

ここはケチるところではないですね。

1000円なんて大学に受かってバイトを1.5時間

すれば余裕で回収できますから。

 

 

逆に参考書をケチっていてはもったいないです。

大事なのはお金より時間なのでここでケチって

大学に不合格だったらオーマイガーになってしまいます。

 

 

ちょっと脱線しましたが、

勉強に場所にこだわるのではなく、

空き時間があったらどこでも勉強しましょうって

ことですね。

 

 

でも、電車の中で過去問解いたり

ご飯食べながら英語の長文問題を解くのは

明らかに効率的ではないので

場面によってやることを決めとくといいです。

 

 

電車に乗ってる時は英単語をやる

休み時間には英熟語をやる。

ご飯食べてる時は音声を聞く。

 

 

みたいな感じで場面によってやることを

決めておくと悩まなくて済むので時間の短縮に

なります。

 

 

こうやって決めておくと

電車に乗った時に何しようかなーと

悩むことなくスマートに単語帳を開くこと

ができてカッコイイ受験生になります。

 

 

是非、勉強場所にこだわらずに

 

 

どこでも勉強が

できるような受験生に

なりましょう!!