橋本環奈主演、映画「シグナル100」はグロいけど学べる?情報持ちが人間を支配する【映画レビュー(評判)】

Pocket

 

こんにちは、シューゴです。

 

先日、久しぶりに映画館で映画を観てきたので

レビューしていきたいと思います。

 

橋本環奈主演の「シグナル100」という映画です。

 

 

この映画から学べることがたくさんあったので、

今回はレビューも含めながらビジネスでも人生でも役立つ考え方を話そうかなと。

 

で、まず観た感想は、

かなりグロいけど、情報持ちが人間を支配するようになる

(良い意味でも、悪い意味でも)

と思いました。

 

まず、ストーリーを簡単に説明すると、

ある学校の担任の教師の下部が「催眠術」の手法を活用し、

自分の持ってるクラスの生徒達を特定の行動(シグナル)をとると自殺をしてしまう

「自殺催眠」をかけ、

生徒達が苦しみながらも催眠を解く手がかりを探す物語です。

 

催眠を解く方法は1つしかなく、クラスの全員の死を見届けることだけで

特定の行動(シグナル)は100個ありそれは明らかになっていないという状況です。

 

携帯を触ったらいきなり舌を噛み切って自殺したり、

泣いたら花瓶を頭で叩き割って自殺したり、

学校の外に出ようとしたら首を180度後ろに回して血を吐いて自殺したり・・・

 

それは、その行動をして死んで

始めてその行動をとったら死ぬということが分かります。

 

そこで、生徒達は自分さえ生き延びて周り全員が死ねば良いみたいな

考え方になったり、

仲間を信用したり、裏切ったりして人間の極限状態をまさに表してるようでしたね。

 

観てると血が出まくったり、バタバタ死んでいって

グロいんですけどその度に人間が極限状態になっていくのも

この映画の特徴なのかなと。

 

映画はR-15指定というのもあって、

刺激的な部分が多く僕の座っていた列の女性は

耐えられなくて途中で帰ってましたね。

 

それほどグロテスクな映画ですけど、それなりに学べたことはあります。

それは、情報を多く持ってる人が優位に立つということです。

 

映画の冒頭にクラスの生徒である和田だけが、ひょんなことからシグナル100個

を知ることになるのですが、

彼はクラスメイトには半分の50個しかシグナルを開示しませんでした。

 

要は、残りの半分のシグナルは隠しておくことで

みんなより優位に立とうとして自分だけ生き延びようとしたんですよね。

 

これは学校に限らず、社会や世界情勢においても同じことが言えますし

現代では情報が何よりも価値を持っています。

 

だからこそ、情報を持ってない人は、情報を持ってる人よりも

下の立場にならざるを得ないですし、

それによって上下関係が出来上がっていくんです。

 

しかし、情報を持ってる者はその情報をなかなか開示するなんてことは

当然しません。

 

なぜかというと、その情報には価値があり

自分だけ知ってるということが自分の優位性を高めるものにしてくれるからです。

 

映画の中で和田は、みんなに開示してない

「スポーツドリンクを飲む」というシグナルを

生徒に飲ませて自殺させる場面は観てて恐怖でしたね。

 

シグナル100ではその上下関係が顕著に表現されており、

指導者つまり体制側の人間は、全てを把握した上で、その情報を開示することなく

他のクラスメイトの命を奪って自分は生き延びようとしてる構図なんですよね。

 

実際、自分でビジネスをしてる立場なのでよく分かりますが

ビジネスに限らず何かしらで成功したいなら、

情報をいかに多く持つかによって雲泥の差が出る

と思うんですよね。

 

大学受験を例にとってみても、

志望校の試験科目、出題範囲、出題傾向を知らないと

全く見当違いの勉強をしてしまうことがあります。

 

実際に、とある大学では日本史で

江戸時代以降しか出題しないという大学があって

それを知ってれば縄文時代から勉強しなくて済みますよね。

 

こんな風に情報を知るか知らないかで

受験結果も変わっていきますし、ビジネスでも結果を出せる

確率も変わっていきます。

 

特に情報発信ビジネスだと、

情報を多くもてば持つほどお金になります。

 

本屋に行くと、iPhoneの使い方が1000円くらいで売られていますが

それもiPhoneの使い方が分からない人にとってみれば

1000円払ってでも欲しい情報なんです。

 

だから何が言いたいのかっていうと、

情報をたくさん持って強い人間になりましょう。ということです。

 

 

そうすれば、理不尽に指導者側の方に搾取されずに済みますし

自分の生きたいように生きることが出来る様になります。

 

シグナル100では情報によって人の命も奪ってしまいましたが、

極論、情報で人の命も奪うことが出来てしまうということです。

 

現に戦争も情報戦ですからね。

 

情報を多く持って自由な人生を得るためにも

お金も時間も投資して日々行動し続けていこうと思います。

 

ではではー。

1000円→0円のAmazon電子書籍をどうぞ



19歳でこの世界を知って、
今では月収40万ほど稼いでおり、
インターネットを使ってご飯食べています。

元々は言葉がスムーズに話せない吃音症という
障害持ちですし、
就職活動もボロボロでダメ人間でした。

そういった状況からビジネスに出会い、
2年半無収益でしたが諦めずに取り組んだところ、
今まで出来なかったことが出来るようになったり
行動の選択肢が増えました。

ビジネスを学んでいく過程で、

収益をもたらす仕組みを作る方法や
思考を磨く方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化させる方法
価値を作り出す方法

etc・・・

学校教育では絶対に教えてくれないことを
この歳になってやっと知ることが出来ました。

今までの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は自分でコントロール出来なくても
正しく勉強してしっかり取り組めば、
誰だって資産を作れて自由になれることを確信しています。

そういった人たちが
1人でも多く増えれば、
もっと希少性のある人間が増えて
便利で面白いサービスがどんどん増えて
世の中がさらに面白くなってくるのでは?
と考えたんです。

こういった理念から、
僕の今までの経験を元に
どのようにしてダメダメな状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリーを
1冊の電子書籍にしました。

「ビジネスをやっていく上で1番始めのバイブル本」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
電子書籍「労働脱却バイブル」を読んでみる

メールアドレスを入力すればすぐに読めます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし今回の記事が役に立った! と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この下のボタンから簡単にシェア出来ます  

【↓の画像をクリックしてインターネットで稼いで同い年の2倍稼ぐストーリーを読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です