資格を取ったら儲かるのか?依存マインドの壮絶な末路。

Pocket

 

こんにちは、シューゴです。

 

今回は

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・資格を取ったら本当に儲かるのか?

・依存マインドの壮絶な末路。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

について書いていこうと思います。

 

資格を取ったら本当に儲かるのか?

 

ます、資格を取ったら本当に儲かるのか?

これについて詳しく語っていきますが、

 

ぶっちゃけ世間一般が思ってるほど金持ちにはなれません。

 

僕の知り合いの人も介護系の資格を何個か持っていますが、

全く収入が上がらずに悩んでいます。

 

というか、資格を取って儲けようとするのは

勘違いもいいとこです。

 

完全に世の中が資格の専門学校の広告に溢れていて、

世間の「常識」に完全に操られています。

 

専門職の中でも比較的、儲かると言われてるのが

「弁護士」ですね。

 

果たして、弁護士は本当に儲かってるのでしょうか?

 

コスパだけ見てみると、儲かってないです。

ていうか、絶対に儲かってない。驚くほどに。

 

弁護士の平均年収って650万円らしいです。

これって僕の中では驚くほど稼げないと思いましたね。

 

そしてさらに残念な話が、

このうちの2割の弁護士は年収100万もいってないとのこと。

 

100万以下ですよ?苦笑

バイトの方が稼げますね。

 

さらに、弁護士会というものに年間100万も払わなければいけません。

 

それで平均年収650万円。

 

これは僕には到底高いようには思えないのです。

大学の超ハードな法学部に行き、

朝から晩までみんながウェイウェイしてる中、猛勉強して、

超難関な司法試験に合格した結果がこれですよ。

 

僕も大学が法学部だったので、法学部の友達がいますが

その友達は通学2時間半は全て法律の勉強をしており、

毎日図書館で分厚い六法全書を片手に勉強して、

さらに空いた時間には新聞を切り抜いてノートに貼り

自分の考えをまとめていました。

 

彼はこの生活を4年間ずっとやっていました。

相当大変そうでしたね。

 

楽しい大学生活をちょっとの息抜きと勉強に充てるのです。

4年間も。

 

その結果、650万円・・・。

 

弁護士という仕事が好き、法律が楽しいというのが無ければ

絶対に出来ない事だと思います。

かと言って別に弁護士を毛嫌いしてる訳でもないし、

否定している訳でもありません。

 

というかむしろ、本当の意味で弁護士をしている人は尊敬しています。

 

法律の知識をフル活用して、人を救えるんですから。

素晴らしい職業だと思いますね。

しかし、一部には、

日本の訳のわからん価値観や肩書き、甘い資格学校の誘惑によって、

お金のために弁護士になってる人も少なくありません。

 

いや、これはもったいないでしょ!と思うわけです。

 

なぜ金を稼ぐのに、弁護士じゃないといけないんだ?と。

 

というかなんか気の毒です。

だって、本人はめっちゃ稼げると思ってるわけですからね。

しっかりとデータを見れば全くそんなことないのが一目瞭然です。

 

・弁護士数

・訴訟件数

 

この辺を見たら、稼げるか稼げないかなんて一発でわかるんですよ。

 

でも、

弁護士=お金持ち

という思考になってる人は疑うことなく弁護士を選択してしまいます。

 

これも日本の資格主義からくる弊害です。

資格がないと、稼ぐことが出来ない。

資格がないと、仕事をすることが出来ない。

 

そもそも論で資格ってなんぞや?っていう話です。

 

資格ってある分野を体系的に学ぶには便利ですし、

僕も実際に必要で2個くらいは資格を持ってたりします。

 

でも、それはあくまでも勉強をするための手段として資格を使うだけで

目的は資格を取ることではありません。

 

弁護士に関しては、弁護士になることすら茨の道ですし、

なるためにも莫大なお金がかかります。

 

法律系のスクールにも入らないといけませんし、

一般的には、予備校にも入ります。

なので大学とトータルで、700万近くかかってしまいます。

 

お金稼ぎからは、かけ離れてるなーって思います。

 

それに、弁護士の職業をよく考えてみると分かるんですが、

弁護士はあくまで「喧嘩を助ける」職業なんですよね。

 

喧嘩をしてる大人の仲介人となって、代わりに喧嘩してあげる。

 

そしてその喧嘩に勝つことが彼らの仕事です。

もっと言うと、喧嘩をしてる奴らがいないと、弁護士の仕事はないわけです。

 

そしてこの不況の時代は、訴訟件数も大幅に減ってるとのこと。

 

さらに、旧司法試験と比較して、今の新司法試験はものすごく簡単になって、

そのおかげか、以前とは比べ物にならないくらい弁護士が生まれ続けています。

 

・不況で訴訟件数激減

・反対に弁護士は増大

 

こんな状況だからこそ、年収100万以下の弁護士が2割もいるのです。

 

で、この事実とは裏腹に、

 

テレビや雑誌などのメディアでは稼ぎまくってる「弁護士大先生」が

弁護士の素晴らしさを語る。

これを観た視聴者は、さすが弁護士大先生!!!

となりますね。

 

メディアは視聴率や観てくれる人が欲しいので、

凄腕の弁護士しか呼びません。

いや、正確に言うと、凄いことを言う弁護士先生しか呼びません。

凄いかどうかは関係なく、”凄そうな人”かどうか笑

 

また弁護士の大多数が、個人事業主ですが、

中には、大手弁護士事務所に入る人もいます。

これは勝ち組ルートかもしれませんが、

東大、京大、早稲田、慶應の優秀な弁護士だからの場所に行くことに。

 

おまけに自由に仕事を選ぶことすら出来ない。

 

入るのだって難しいのに、その中で結果を出すなんてもっと難しい。

だって、東大の中でもスーパーエリートしかいないので。

さらにやりたくもない仕事をやる羽目に。

弁護士事務所に入ったらごく一般のサラリーマンと一緒です。

 

このように、資格に依存するのはもったいないなーと思って書きました。

 

依存マインドの壮絶な末路

 

次は資格の話から繋がったので、

依存してる人がいかに危険なのかについて書いていきます。

 

「依存」

 

全く依存せずに生きていくのはなかなか難しいですが、

出来るだけ依存しない方が良いです。

 

例えば、せどりとか。

せどりは、大体が商品を小売店で仕入れてきて、

それをAmazonで販売しています。

 

ということは、

Amazonがなくなったら一貫の終わりです。

 

AmazonアカウントがBANされたらAmazonから商品を返却されるので、

大量に家に商品が送りつけられる上に、他に賄賂がないので大パニックです。

 

僕の知り合いでも転売でAmazonアカウントだけ使ってた人がいましたが、

Amazonアカウントがいきなり停止を食らって

そこからドンキのタイムセールで安くなったパンを食べて生活するまで

極貧生活を強いられるまでになった人がいました。

 

Amazonというプラットフォームに依存していたらそんなことがあるし、

それは誰にとっても人ごとではありませんね。

 

(せどりはネットビジネスの中でも簡単なので、

1番初めにやるものとしてはオススメですが)

 

せどりを工夫していれば、

 

・ヤフオク

・楽天

・バイマ

・ebay

・メルカリ

・メルマガでDRM

・ベイス

 

こんな感じで賄賂を増やすことも出来ます。

 

ここまで賄賂を広げて戦略を練っていれば、

せどりじゃないという意見もあるかもしれませんが、

工夫すればするほど出来るわけです。

 

これであれば仮に明日Amazonアカウントが停止しても

ドンキでパンを買って食べる生活とは無縁ですね。

 

僕は今複数のキャッシュポイントを持っています。

・メルマガ

・コンテンツ販売

・アフィリエイト

・コンサルティング

・コンサルティング紹介

 

ざっと書きましたがこんな感じです。

どれかが潰れても問題ありません。

 

でも、一般的に就職してサラリーマンになると

1つしかキャッシュポイントがないですよね。

 

これだと、会社で思いがけない大ミスをして給料が減額されるだけでも大惨事です。

これは嫌ですよね。

1つに依存しててはいけないのです。

 

これは何にでも当てはまります。

 

アフィリエイトにも、

転売にも当てはまります。

 

複数のキャッシュポイント(収入の柱)を持ちましょう!という話ですね。

1つに依存するのは、ハイリスクです。

壮絶な末路が待ってる可能性があります。

 

意識していきましょう。