完璧主義って結局完璧じゃなくなるよ。

Pocket

 

 

こんにちはー。書かない先生こと

シュウゴです。

 

 

今日は

 

完璧主義って結局

完璧じゃなくなるよー

 

という内容を書いていきたいと思います。

 

完璧主義とは何事も完璧に事が進んでいかないと

次に進めないという現象です。

 

 

この現象は僕もそうですし、

おそらく日本人のほとんどがこの完璧主義の

傾向がありますねー。

 

 

僕はしょっちゅう完璧主義を発動

させてまして、

学校のない日は1日10時間勉強してやるんだ!!

と意気込んでいました。

 

 

ですが、普段1日1時間も集中出来ない僕だったので

いきなり1日10時間なんて出来っこないわけですよね笑

 

 

頑張って2時間ぐらいはやって見るんですが、

いかんせん疲れてきて休憩を挟むわけです。

 

 

あー疲れた。。10分くらい休もうか。。

 

 

そんで携帯をいじったらあっという間に3時間ぐらい

経ってしまって10時間勉強するという目標ははるかかなた

になってしまってその日は終わってしまう事が100回以上ありました。

 

 

これは受験生あるあるだと思うんですよねー

休憩を挟んだらいつの間にかやる気がなくなっていて

二度と机に向かうことはなくその日は終了みたいな、、

 

 

これでは全然受験生としてダメなわけですよね。

志望校に合格したかったら勉強しなければいけません。

 

 

大体、僕は1日10時間勉強するという無謀すぎる

目標を立ててしまったために

達成できないと次の日からたらなくなっちゃうのが

オチなんですよね笑

 

 

1日10時間完璧に勉強してやると

思い込んでしまったために

その完璧がこなせないとわかると途端にやる気が

なくなってしまうんですよ。

 

 

そこで完璧主義が発動してしまって

しばらく勉強できない日々が続くというね笑

 

 

これではなんのために1日10時間の

勉強を志したかわからなくなってしまいます。

 

 

よって、タイトルにもある通り

 

 

 

完璧主義は

完璧じゃなくなって

しまうんです。

 

 

 

 

 

その改善のためには

 

 

 

勉強のハードルを

下げることが

重要です!!

 

 

 

 

具体的には最初は参考書の1ページを読むだけ、

それもきついのであれば、1行だけ読んでみる。

それもきついのであれば1文字だけ読んでみる。。

 

 

といった感じにどんどん勉強のハードルを

自分のできるレベルにまで下げることが大事なんです。

 

 

こんなにハードル下げていいのかよって思うかも

しれませんが、

完璧主義になってしまって何もやらないよりかは

100倍マシなんですよね。

 

 

やる気がでなくて勉強ができてない人は

試しに1行だけ読むと決めて参考書を開いてみてください。

 

 

気づいたら1時間ぐらい勉強してると思います。

1行だけ読むって決めて勉強しても中途半端すぎて

先が気になってしまって以外とどんどん読み進めていけちゃう

んですよ。

 

 

人間は気づかないうちに完璧主義になってしまうので

意識してハードルを下げていかないといけません。

 

 

僕もこのブログはいつも最初は1行だけ書くと決めて

ハードルを下げて書いています。

 

 

そうすると以外と1000文字程度は自然と

書けちゃってるのがほとんどです。

 

 

逆に最初から1000文字書くぞーと意気込んで

毎回書いていたら挫折してると思います笑

 

 

皆さんも完璧主義になった時は

 

 

ハードルを下げて

少しずつ勉強して

いきましょう!!