大学受験を難しく考えるな!シンプルに考えよ!

Pocket

 

 

こんにちはー。書かない先生こと

シュウゴです。

 

 

僕の高校時代の時にも当てはまるんですが、

受験生で多く見られるのが

 

 

 

 

大学受験を難しく考えすぎだ

 

 

 

 

ということです。

 

僕は長男で我が家で初めての大学受験だったもの

ですからとにかくビビるわけですよね。

 

 

僕もそうですし、家族も全員大学受験は無知だった

もんですから全てが初めてだったわけです。

 

 

センター試験ってなんだ?一般受験と何が違うの?

え、入試のやり方って学校ごとに違うの!?

そもそも願書ってどうやって出すんだ!!!!

 

 

って感じで戸惑ってました笑

 

 

そんな感じで大学受験初心者だった僕は

受験に対して無知すぎたために必要以上に

難しく考えてしまってたんですよね。

 

 

とりあえずどうやって勉強を進めたら

いいのかわからないので、

 

 

スマホで「受験 勉強」で検索をかけて見たり。

本屋に行って「〇〇勉強法!」みたいな本をかたっぱしから

手にとって見たり。

特進クラスの人と仲良くなって話を聞いて見たりと

 

 

あらゆる手を使って無知の大学受験を

制しようとした結果、

 

 

 

 

どれが自分にあった方法か

わからなくなりました。

 

 

 

 

 

僕は受験のことについて調べすぎたせいか、

情報が多すぎて何をやったらいいのかわけわからなく

なってしまったんですよね。

 

 

例えば、英語1つとって見ても

まずは過去問からやった方がいいというネットの上の

情報があるが、

勉強本には過去問からやるのはダメだと書いてあったり、

 

 

英単語は声に出してひたすら繰り返せと本に書いてあったと

思えば、違う本にはとにかく単語は書かなきゃ覚えられない

と書いてあったり、、

 

 

もうパニックですよね笑

何が正しいのかなんて本やネットによりけり

なので何をやったらいいのかわからなくなったんですよ。

 

 

ですけど、こんなに難しく考える必要はないんですよね。

 

 

受験なんてはっきりいえば、

 

 

 

合格最低点を突破すれば

受かるんですよ。

 

 

 

 

満点とる必要はなくて、そこそこできてれば

受かるんです。

 

 

そして、そのためには成績をあげる。

これだけです。

 

 

僕はとにかく受験に対して無知だったので

あらゆる受験の情報を調べまくりましたが、

これも場合によってはよくないんですよね。

 

 

受験で必要なのは、

 

 

 

何をやるかよりもまずは

何をしないかです。

 

 

 

 

 

むやみに情報ばっか集めてしまうと

やるべきことの選択肢が多すぎて結局僕みたいに

何をしたらいいかわからなくなってしまうんですよ。

 

 

そうならないためにも

やらないことを決めてシンプルにするんです。

 

 

そうなると何を自分がやったらいいのかが明確ですし、

迷わなくて済むわけですね。

 

 

そこから勉強をやっていって

足りない部分は後で調べればいいんです。

 

 

それが受験で最短で成績をあげる

近道です。

 

 

 

なので、受験勉強は難しく考えないで、

 

 

 

やらないことをまずは決めて

シンプルに勉強して

行きましょう!!