妹に勉強教えたら模試で日本史偏差値89出てビビった

Pocket

 

 

こんにちは!

書かない先生ことシューゴです。

 

僕には3つ下の妹がいるんですが

勉強教えてくれーと頼まれたので

しぶしぶ高校入学から教えていました笑

まあ、まずはやった方がいいのは

英単語だなということで妹には

英単語を中3の春休みで1500個ほど

覚えさせました。

 

最初の方は

「めっちゃ疲れるわー」

「眠くなるわー」

とか愚痴ってたのですが

1週間もすれば不思議なものですっかり慣れてしまって

黙々と英単語を覚えて行きました。

 

そして春休みが終わる頃には

1500個をとりあえず覚えた状態で入学した

ので周りのクラスメイトより英単語が入ってる状態でした。

 

まー、普通は中学卒業して高校入るまでの春休み

なんて勉強なんかしないですよね笑

 

僕の妹が通っていた高校は偏差値50程度の普通の私立で

普通コース特待コースに別れていました。

 

その中でも僕の妹は進学コースでぬくぬくと

学校生活を送って行きました。

 

妹曰く、春休みに高校レベルの英単語が入って

いたから英語の定期テストはノー勉で突破できると

のたまってました笑

 

そして、英単語を暗記する勉強法を応用して

妹は学校の定期テストを効率よく勉強して行きました。

 

その結果、進学コースで学年一位になりました!

 

やばいですよね普通に笑

僕もまさか妹が学年一位をとるとは思いませんでした。

 

妹は喜んでいるのかなーと思ったら

「あー、普通に勉強しただけだよー」

と思ってたよりローテンションでした笑

 

多分、思ってたよりあっさり学年一位を取れた

のであっけらかんとしてたんでしょうね笑

 

そんな感じで効率よく勉強していって、

時はすぎ高2の秋頃になり、

進路に悩む時期になりました。

 

そんな中、進学コース、特進コース

共同で学校の模試を妹は受けました。

 

たまにやる学校の模試ってめっちゃ難しくて

萎えますよね笑

僕の時は全く分からなかったので名前書いて

テキトーにマークして残りの時間は寝てましたね笑

 

妹はコツコツと勉強していたので

周りのまだ受験勉強をしてないクラスメイトよりも

実力を発揮させたみたいでした。

 

周りは僕の時と同じように

机に突っ伏して寝てる人が大半だったみたいですが

妹だけは試験時間のギリギリまでペンを走らせている

状態だったみたいです。

 

そして、後日妹が学校から帰ってくるや否や

結果が帰ってきたみたいで僕に見せてきました。

 

それを見たらなんと、、

 

日本史偏差値89!!

英語偏差値86!!

 

の成績を叩き出しました笑

 

「えーーー!!こんな数字見たことないよ!

すごいなお前!!」

 

「うーん、すごいのかなあ・・」

 

とまたあっけらかんとしてました。

 

結果としては進学コースと特進コース合わせても

ぶっちぎりのトップの成績でした。

さっきも言いましたが、妹は特進コースではなく

進学コースです。

 

妹に聞いて見たところ

特進コースは夏休みは強制的にほぼ毎日勉強合宿という名の

ものがあって暑い中学校に行って1日中勉強をしてたみたいで

そこから宿題や受験勉強などもあって大変だったみたいです。

 

それに比べて妹は進学コースで夏休みは普通に休みで

クーラの効いた部屋でねっ転がりながら勉強をして好きな時間に

昼寝してました笑

 

それでも模試では妹の方が成績はぶっちぎりでした。

 

残酷ですがこれが現実です。

正しいやり方でやらなきゃ暑いなか学校に行こうが、

クーラーの効いた部屋で勉強しようが成績は伸びないんです。

 

確かに特進の人は毎日勉強を頑張ってはいたとは

思いますが、うちの妹よりかは効率的では

なかったんだと思います。

 

正しいやり方で勉強できて妹は

ラッキーだったね!

 

以上、今日は物語風の記事でした!

 

このような偏差値89を叩き出せた

秘密などをメルマガで無料で

書いています。

 

是非、登録してみてくださいね^^

 

メルマガはコチラ

 

ではでは^^

1000円→0円のAmazon電子書籍をどうぞ



19歳でこの世界を知って、
今では月収40万ほど稼いでおり、
インターネットを使ってご飯食べています。

元々は言葉がスムーズに話せない吃音症という
障害持ちですし、
就職活動もボロボロでダメ人間でした。

そういった状況からビジネスに出会い、
2年半無収益でしたが諦めずに取り組んだところ、
今まで出来なかったことが出来るようになったり
行動の選択肢が増えました。

ビジネスを学んでいく過程で、

収益をもたらす仕組みを作る方法や
思考を磨く方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化させる方法
価値を作り出す方法

etc・・・

学校教育では絶対に教えてくれないことを
この歳になってやっと知ることが出来ました。

今までの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は自分でコントロール出来なくても
正しく勉強してしっかり取り組めば、
誰だって資産を作れて自由になれることを確信しています。

そういった人たちが
1人でも多く増えれば、
もっと希少性のある人間が増えて
便利で面白いサービスがどんどん増えて
世の中がさらに面白くなってくるのでは?
と考えたんです。

こういった理念から、
僕の今までの経験を元に
どのようにしてダメダメな状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリーを
1冊の電子書籍にしました。

「ビジネスをやっていく上で1番始めのバイブル本」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
電子書籍「労働脱却バイブル」を読んでみる

メールアドレスを入力すればすぐに読めます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です