不安は今に集中していない証拠だ。

Pocket

 

 

こんにちはー。書かない先生こと

シュウゴです。

 

ちょうど12月のこの時期、

受験生には追い込みの時期に入っていくとこ

だと思いますが、

 

 

 

 

だんだんと試験日が

近くなっていくに連れて

不安になりますよね。

 

 

 

 

 

塾とか予備校などでは

センター試験まであと〇〇日!!

みたいな感じで不安を余計に煽ってくると思います。

 

 

そこで、この時期に多い不安の

ことについてなんですが、

 

 

 

不安になるということは

今に集中していない証拠。

 

 

 

 

この考えを是非持ってもらいたい

と思います。

 

 

この考えを持っておくと

みんながこの時期不安で勉強が

手につかなくなっている時に

バリバリと勉強に打ち込むことができるん

ですよね。

 

 

僕なんかセンター試験の1週間前に

不安によるストレスで胃が荒れまくって

風呂場で血を吐いたことがあります笑

 

 

考えてみて欲しいんですけど、

不安ってまだ予期せぬ未来のことを

考えてる時になりますよね。

 

 

「あー。試験落ちたらどうしよう」とか

まだ試験をやっていない段階で今思ってること

なんですよね。

 

 

ハッキリ言って、

 

 

 

まだ起きてない未来を

心配したところで

現実は何も変わらないんですよ。

 

 

 

 

未来のことなんて誰にもわからないですし、

受験なんて失敗したところでまた来年受ければ

いいだけですし、他にも選択肢はたくさんあるんで

大丈夫ですよ。

 

 

不安になってる時は未来のことを

心配しているだけとあって

今に集中していない状況なんですよね。

 

 

未来を変えるためには

今この瞬間の現実を変えなければ

ダメなんですよ。

 

 

 

未来というのは今この瞬間の

積み重ねでしかないわけです。

 

 

 

 

落ちたらどうしようーとか

未来のことを考えているくらいなのであれば、

英単語を1個でも多く覚えるために勉強をしていた方が

はるかに生産的なんですよね。

 

 

最悪、受験に落ちてしまったら

落ちた時に考えればいいんですよ。

 

 

受験が人生の全てではないので

大丈夫です。

 

 

そもそも、受験勉強を真剣にやっているから

こそ不安になるのであって、

受験をちゃらんぽらんにやってる人は

不安にすらなりません。

 

 

僕の高校時代の友達に

受験勉強を全くしないで一般受験をした人が

いるのですが(もちろん成績はめっちゃ悪いです)

全く危機感なく、携帯をずっといじってましたし

一般受験の自分の受ける大学の願書の提出期限も

把握してない状態でした。

 

 

結局その子は僕が受けるわけでもない大学の

願書の提出期限を僕が調べてなんとか願書の提出は間に合った

のですが、

(僕が調べてる間の時間、その子はのんきにパズドラをやってました笑)

あまりにも危機感がなく不安が最後までなかったですね。

 

 

受験結果も散々でどうにか定員割れの大学にいくことが

できてとりあえずはよかったみたいです。

 

 

このように受験勉強をテキトーにやってる人は

不安がないので

不安が出てきたら受験頑張ってる証拠だなと自分を

褒めてみるといいと思います。

 

 

そして、今やるべきことを決めて

淡々とやるのがベストですね!

 

 

是非、不安が出てきたら

今に集中していない証拠なので

今やるべきことを決めて

突っ走っていきましょう!!

1000円→0円のAmazon電子書籍をどうぞ



19歳でこの世界を知って、
今では月収40万ほど稼いでおり、
インターネットを使ってご飯食べています。

元々は言葉がスムーズに話せない吃音症という
障害持ちですし、
就職活動もボロボロでダメ人間でした。

そういった状況からビジネスに出会い、
2年半無収益でしたが諦めずに取り組んだところ、
今まで出来なかったことが出来るようになったり
行動の選択肢が増えました。

ビジネスを学んでいく過程で、

収益をもたらす仕組みを作る方法や
思考を磨く方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化させる方法
価値を作り出す方法

etc・・・

学校教育では絶対に教えてくれないことを
この歳になってやっと知ることが出来ました。

今までの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は自分でコントロール出来なくても
正しく勉強してしっかり取り組めば、
誰だって資産を作れて自由になれることを確信しています。

そういった人たちが
1人でも多く増えれば、
もっと希少性のある人間が増えて
便利で面白いサービスがどんどん増えて
世の中がさらに面白くなってくるのでは?
と考えたんです。

こういった理念から、
僕の今までの経験を元に
どのようにしてダメダメな状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリーを
1冊の電子書籍にしました。

「ビジネスをやっていく上で1番始めのバイブル本」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
電子書籍「労働脱却バイブル」を読んでみる

メールアドレスを入力すればすぐに読めます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です