アフィリエイトやネットビジネスは今後飽和しないの?

Pocket

 

こんにちは、シューゴです。

 

今回はアフィリエイトやネットビジネスの今後について

話そうと思います。

 

よく言われるのは飽和して稼げなくなるんじゃないか?

ってやつですね。

 

僕自身も過去に

「アフィリエイトやネットビジネスってライバルめっちゃいるし

今後も増えるだろうから飽和して稼げなくなるんじゃないかな・・」

 

と勝手に悩んでいました。

きっと同じような悩みを持ってる読者さんも多いんじゃないですかね。

 

飽和する!とか聞くと不安になりますよね。

このままやってて大丈夫なのか?みたいな・・・

 

ですが、僕の今までの経験と知識で導き出した答えは、

 

「飽和はしないので安心してビジネスをやろう!」

 

ということです。

 

はい。飽和は今後もしないと僕はみてるので

今からその理由について詳しく書いていきますね。

 

まずですね、

最近だと「副業解禁」とか「働き方改革」とか

色んなメディアで将来について考えようとか、

会社に頼るなとか言われていますが、

 

じゃあ、それだけで果たしてどれだけの人が副業しようと思うのか?を考えてみると実はそんなに副業とか将来のこととかって

あんまり考えてない人が多いです。

 

仮に考えていたとしても実際に行動にうつす人は

その中でもごくわずかなわけで・・

 

今この瞬間楽しめればオッケー!

今をもっと楽しめ!

 

僕と同年代の若者はこういった考えを持つ人が大半だと感じます。

 

なので、僕のブログやメルマガを読んでくれている

あなたはしっかり将来を考えて行動できている、ごくわずかな人ということです。

 

そういう人ってガチで少ないですよ。

これはSNSとか周りをリサーチしていれば一目瞭然です。

 

 

先日、働いてる介護の職員と6人で飲みにいったんですが

みんな将来とか副業のこととかほとんど考えてなかったですね。

 

むしろ、僕がネットで情報発信してることに対して

胡散臭いとか怪しいといって話を聞こうともしませんでした。

 

確かに副業で稼げたらいいなとは思ってるけど、

簡単に片手間で、出来るだけ楽して稼ぎたいらしいです。

(まあ、最初はそんな考えにもなりますよね・・・)

 

でも実際、ビジネスは最初から片手間で、簡単に・・・

みたいなすぐに結果が出るものではないですし、

そんな甘ちゃんなものでもありません。

 

勉強は必須ですし、ある程度の努力も必要です。

 

話を戻しますが、

もっと副業や個人でビジネスをするといった

考えが世間一般に広まるまで飽和することは考えにくいですね。

 

ネットビジネス=胡散臭い

といったガチガチに固まった固定概念がまだ日本人は強いので、

おそらく今後10年は飽和しないとみています。

 

なので、1人でネット上に資産(コンテンツ)を出して

そこから商品を売ってお客さんに価値提供するということは

ものすごく価値の高いスキルだし、

周りからも求められるんですね。

 

他の根拠としては、

マーケティングのスキルがあればどんなジャンルでも稼げる

からです。

 

僕は今現在、「稼ぐ系」というジャンルで発信して

それに関連する商品を作って販売していますが、

過去に「受験系」の発信で今と同じように商品を作って売ってました。

 

発信や商品の中身は確かに変わりますが、

集客したり、商品をセールスする流れって基本同じなんですね。

 

なのでもし「稼ぐ系」が飽和しきったら、

(お金の悩みは尽きることがないのでほぼ飽和しないけど)

他のジャンルで発信して稼げばオッケーだし、

これは1つの概念として持ってるんですけど、

飽和して稼げなくなるまで稼ぎきるというのもビジネスでは重要です。

 

僕は稼ぐ系の発信は、

どうせだったら飽和しきって稼げなくなるまでやってやろうと

思ってます。

 

なぜなら稼ぐ系が飽和する=お金の悩みが消えた時

だと思うからです。

 

日本人のお金の悩みが消えたら、

会社で働く必要も無くなりますし、その分ストレスも今より少なくなるんじゃないかなあと。

 

これって実現したらかなり良いですよね。

 

なので個人的には何年後の話になるかわからないけど

そうなったら良いなーなんて考えたり笑

 

 

それに、同じ稼ぐ系のジャンルでも

誰が発信してるか?によって全く別物のオリジナルになるので

なおさら飽和しません。

 

具体例を出すと、コンビニなんかがそうです。

 

ファミリーマートとセブンイレブン。

この2つって同じコンビニ事業で並んでる商品や陳列も似てますが

それでも両方儲かっています。

 

で、お客さんって商品そのものはほとんど差がない

と思ってます。

 

それよりも、

「コンビニのおにぎりはセブン派!」「チキンはファミマじゃなきゃ嫌!」

といった感じで売ってる人だったり、会社によって

買うか買わないかが決まってくる流れになっています。

 

なので、それは個人で情報発信をしてビジネスをするもの本質は変わらないです。

 

僕のお客さんも、

「シューゴさんが1番信用できるから買いました!」

と言っていただくことが多いです。

 

僕より稼いでる人なんて他にたくさんいるのにも関わらず、

その人たちよりも僕の発信に共感してくれたり、

ファンになってくれる人がいるのでそもそも比較する必要もなくなります。

 

実際に僕の教材で似たような内容のものを他の人から買って

すでに持っていたのにも関わらず、

僕の方が分かりやすそうだからということで買って下さった方もいます。

 

これはよく言う、

「何を買うか?ではなく誰から買うか」

ってやつですね。

 

(これについてはまた別のブログでお話しますね。)

 

ブログやメルマガなどの情報発信のビジネスは

自分を発信してそれで好きになったり、共感を持って下さった方が

商品を買ってくれて幸せになってもらえるので、

こんなに楽しいビジネスって他にないと思いますね。

 

僕も特にキャラを作ってるわけでもないので、

「素」のままで発信しています。

 

吃音症という障害のままYouTubeで話していますし、

わざと煽ったり、目立つ必要もないので

無理して息苦しくもならないので精神的にも楽ですね。

 

それでもどんどん商品を売れるしファンも増えていくので、

本当に魅力的なビジネスに出会えたなと思ってます。

1000円→0円のAmazon電子書籍をどうぞ



19歳でこの世界を知って、
今では月収40万ほど稼いでおり、
インターネットを使ってご飯食べています。

元々は言葉がスムーズに話せない吃音症という
障害持ちですし、
就職活動もボロボロでダメ人間でした。

そういった状況からビジネスに出会い、
2年半無収益でしたが諦めずに取り組んだところ、
今まで出来なかったことが出来るようになったり
行動の選択肢が増えました。

ビジネスを学んでいく過程で、

収益をもたらす仕組みを作る方法や
思考を磨く方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化させる方法
価値を作り出す方法

etc・・・

学校教育では絶対に教えてくれないことを
この歳になってやっと知ることが出来ました。

今までの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は自分でコントロール出来なくても
正しく勉強してしっかり取り組めば、
誰だって資産を作れて自由になれることを確信しています。

そういった人たちが
1人でも多く増えれば、
もっと希少性のある人間が増えて
便利で面白いサービスがどんどん増えて
世の中がさらに面白くなってくるのでは?
と考えたんです。

こういった理念から、
僕の今までの経験を元に
どのようにしてダメダメな状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリーを
1冊の電子書籍にしました。

「ビジネスをやっていく上で1番始めのバイブル本」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
電子書籍「労働脱却バイブル」を読んでみる

メールアドレスを入力すればすぐに読めます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし今回の記事が役に立った! と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この下のボタンから簡単にシェア出来ます  

【↓の画像をクリックしてインターネットで稼いで同い年の2倍稼ぐストーリーを読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です