情報商材はゴミである理由。

Pocket

 

こんにちは、シューゴです。

 

いきなりこんなビックリするタイトルでごめんなさい。

僕は現在介護職をしながら、ネットでコンテンツビジネスをして

飯を食っています。

 

コンテンツビジネス、ようは情報商材を扱っています。

一般的には評判が悪い情報商材屋ってやつですね。

 

ただ、ハッキリ言わせてください。

 

情報商材はゴミです。

もっと言ってしまうと、ゴミクズでしかありません。

僕はゴミクズを扱ってビジネスをしてるのです。

 

情報商材がゴミである理由

 

情報商材が出回った頃は遡ること15年前。

2005年の当時は情報商材バブルとも言える時期で、

「情報」そのものが、あまりネットに出てなっかたために

「情報そのもの」に価値がありました。

 

この時代は情報商材を出せば売れるといった状況で、

PDFで数ページの情報ですら数万円で売られていて、そしてそれらは

広告をかければ飛ぶように売れていきました。

 

その理由は「情報が少なかったため、情報自体に価値があった」からです。

 

例えば、アフィリエイトのノウハウにしても、当時はアフィリエイト自体が、

今よりも知られていなかったので、ノウハウをPDFにまとめただけでも価値があったのです。

 

しかし、今の時代はどうでしょうか?

 

昔に比べると、情報に価値はなくなりつつあります。

 

ネット回線は5Gになって通信回線も早くなり、

15年前と比べてネット環境もだいぶ整備されていて

ちょっとググればほとんどの情報が無料で落ちています。

 

YouTubeで気になることを検索すれば、それはご丁寧に色々な情報を

教えてくれる人がたくさんいます。しかも無料で。

 

僕自身も大学受験の受験勉強の時にYouTubeで分からない

英語の文法を勉強してたりしました。

 

つまり、ネットで検索をかけてしまえば、いくらでも無料で

情報を手に入れることができる時代になってしまったのです。

 

2005年の時に平気で2、3万で販売されていた情報が、

今ではネットで検索すればゴロゴロ出てきます。

 

つまり、お金を払わなくても、今はネットで有益な情報をいくらでも

手に入れることが出来てしまうので、

昔のように情報自体を高い値段で売ることはどんどん難しくなってきています。

 

情報商材の新時代

 

今、この瞬間もネット上には無数のゴミが散乱しています。

 

今、このブログ記事を読んでいるこの瞬間にもネット上には情報がアップロード

され、そのスピードは凄ましい速さで大量の情報がネットにストックされ続けています。

 

もう誰にも止めることは出来ません。

 

「情報」というゴミに僕たちは

汚染されてしまったのです。

 

そのせいで、

一体何が正しい情報なのか・・・?

一体何が正解なのか・・・?

と毎日、毎日、情報というゴミを探しては、そのゴミの中に

お宝はないかと、今でもネット上でゴミを拾い続けてる人がたくさんいます。

 

ゴミに「パッション」を吹き込む

 

昔は情報が世の中にあまりなかったので、「情報そのもの」に価値がありましたが、

今ではそうではなくなってきています。

 

では、一体どこで価値をつけていくのでしょうか?

 

それは、

 

「情報」という「ゴミ」を

丁寧に拾って、丁寧に加工し、

丁寧に提供してあげる。

 

そうすることで、価値が生まれると僕は思ってます。

 

例えば、あなたが使わなくなったゴミをハードオフに持っていけば、

誰かにとっては価値のあるものに変わります。

そしてそのハードオフの店員さんは、あなたが持ってきたゴミを

綺麗に磨き、壊れていたら修理して店頭に並べます。

 

つまり、

自分には価値のないと思っていたゴミ情報でも、

誰かの役に立ってたり、

価値を感じてくれるということです。

 

そして1番大切なことは、相手にその情報をどのような

想いで届けるのか?ということです。

 

・自分の利益のために情報を伝えるのか?

・相手の利益のために情報を伝えるのか?

 

あなたが、今後どのような「心構え」で情報商材を扱い、どのような気持ちで

お客さんに情報を伝えていくかで、間違いなく今後の収入だったり、

あなたに対する発信の方向性が変わってくるでしょう。

 

GIVEがあるからTAKEがくる。

 

僕は、インターネットマーケティングの最強の戦略は「ギブしまくること」だと

学びました。

最初聞いた時は、「ギブなんてできるかよ。今すぐ金が欲しい」という考えしか

出てきませんでしたが、今ならハッキリ言えることがあります。

 

どれだけギブしたとしても、

ネットを使えばほぼ0円で出来てしまうということです。

 

Twitterにどれだけ呟いても、

Facebookにどれだけ投稿しても、

YouTubeに動画をどれだけアップロードしても、

無料ブログにどれだけ記事を書いても、

 

どれも0円で出来てしまいます。

 

どれだけギブしても0円。ギブギブギブをし続けて

「信頼」を溜めていけば、稼げないということはありえません。

 

見込み客の悩みに対してしっかりと答えてあげて、

ギブギブギブを繰り返し、見込み客にあった商品を提供する。

自分の商品がなければ、アフィリエイトで他人の商品を紹介してあげれば

良い。ただそれだけのことです。

 

僕は、情報発信ほど素晴らしいビジネスはないと思っています。

だって、困ってる人に情報を伝えて、その人の人生を良い方向を導いてあげる

ことができるからです。

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

時には、命すら救うことのできるビジネスだと思います。

 

例えば、

お腹が減って死にそうな人を見つけたら・・・

 

あなた:あと1キロ先にご飯が食べれるところがありますよ!

一緒に行きましょうか?

 

相手:ありがとう。助かったよ。これほんの気持ちだけど

受け取ってくれ。

 

これが真心がお金に変わる瞬間です。

 

そんな情報を真心を持ってしっかりと伝えてあげることができれば、

命を救うことだってできるし、お金も稼ぐことだって出来ます。

 

ぜひ、これを読んだ感想をコメント欄にお待ちしていますね。

ではではー。

 

 

1000円→0円のAmazon電子書籍をどうぞ



19歳でこの世界を知って、
今では月収40万ほど稼いでおり、
インターネットを使ってご飯食べています。

元々は言葉がスムーズに話せない吃音症という
障害持ちですし、
就職活動もボロボロでダメ人間でした。

そういった状況からビジネスに出会い、
2年半無収益でしたが諦めずに取り組んだところ、
今まで出来なかったことが出来るようになったり
行動の選択肢が増えました。

ビジネスを学んでいく過程で、

収益をもたらす仕組みを作る方法や
思考を磨く方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化させる方法
価値を作り出す方法

etc・・・

学校教育では絶対に教えてくれないことを
この歳になってやっと知ることが出来ました。

今までの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は自分でコントロール出来なくても
正しく勉強してしっかり取り組めば、
誰だって資産を作れて自由になれることを確信しています。

そういった人たちが
1人でも多く増えれば、
もっと希少性のある人間が増えて
便利で面白いサービスがどんどん増えて
世の中がさらに面白くなってくるのでは?
と考えたんです。

こういった理念から、
僕の今までの経験を元に
どのようにしてダメダメな状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリーを
1冊の電子書籍にしました。

「ビジネスをやっていく上で1番始めのバイブル本」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
電子書籍「労働脱却バイブル」を読んでみる

メールアドレスを入力すればすぐに読めます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし今回の記事が役に立った! と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この下のボタンから簡単にシェア出来ます  

【↓の画像をクリックしてインターネットで稼いで同い年の2倍稼ぐストーリーを読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です