アドバイスを受ける人を間違えると消耗するよ。

 

 

こんにちはー。シュウゴです。

 

 

今日はこれは本当に受験勉強の結果を

左右する大事な話をしたいと思います。

 

それは、

アドバイスを受ける人を

間違えると

消耗してしまう

という話です。

 

 

 

ここでは消耗と書きましたけど

はっきり言うと、

受験失敗してしまう

ということです。

 

 

 

受験生だとやっちゃいがちなのが

学校の先生や親や一緒に勉強している

友達に勉強に関しての相談をすると

思うのですが、

 

 

それではアカンですよーという

話です。

 

 

そもそも、学校の先生や親に

勉強のことを相談すること自体ナンセンスな

話でして

 

 

親や学校の先生は

勉強のことを

わかってない人の

方が多いからです。

 

 

 

学校の先生なんかぶっちゃけやっていることなんて

教科書を読んでるだけですよ。

 

 

本屋に行って自分で分かりやすい参考書を

買って自分で勉強した方がはるかに効率がいいです。

 

 

偉そうに教壇の上に立って先生ズラして授業を

していますが、

生徒はどうでしょうか。

 

 

寝ていたり、LINEしたり、

授業を聞いてるふりして「早く授業おわんねーかなー」と

時計をチラチラ見ている人がほとんどだと思います。

 

 

普通に考えて本当に良い先生なら

授業中はみんな起きていて集中し、

テストではみんな80点以上とらせるような

先生が良い先生ですよね。

 

 

 

ですが、先生には事情があって

定期テストの点数は年間のクラス平均点が60点に

なるようにしなければいけないという

決まりがあります。

 

ですから、

全員の出来が良すぎると

先生にとって

都合が悪いんですよ。

先生もお仕事ですから。

 

 

最初からクラスの全員に理解させようと、

得点とらせようと先生たちはしていないん

ですよね。

 

 

ですから、そんな先生に勉強に

関してのアドバイスをもらっても

ろくな答えが帰ってこないんですよ。

 

 

その先生の言葉を

信じちゃうと

いくら頑張っても

THE ENDです。

 

 

だって、先生は生徒が得点とらせちゃうと

まずいから。

 

 

親も同様で勉強のことを詳しく話せる

親御さんは少ないと思います。

 

 

親の言う通りに勉強して

成績が伸びているのであれば

このブログには読んでいないと思います笑

 

 

僕は現役時代、塾に通っていたのですが

塾の先生が言っていることを信じて勉強

していんですが全く上がらなかったんですよね。

 

 

僕の教わっている先生はアルバイトの大学生でしたが

英語がめっちゃ得意で留学経験もあるらしかったんです。

 

 

そのアルバイトの大学生から英語を教わって

いたのですが、もう何がなんだかちんぷんかん

なんですよ。

 

 

僕の英語のレベルは皆無に等しく

センター試験でも2割ぐらいしか取れなかったんですが

その先生は留学経験もある英語得意な先生なので

全然噛み合わないんですよね。

 

 

なんか僕が疑問に思って質問すると、

先生は「レベルが低すぎてそんなこと疑問に思ったことが

ないわ」みたいな感じで接してくるんですよ。

 

 

あと、英文法で問題を解いて答え合わせを

やっていたんですが僕の知能と先生の知能が

合わずに結局受験を迎えるまで英文法は

身につきませんでした。

 

 

本来、英文法なんて本質さえつかめば

そんなに問題数こなさなくても

得意になるのに

 

 

僕の通ってた塾の先生は本質を

教えてくれなかったんですよね。

 

 

このようにアドバイスを

求める人を間違えると

頑張ったものが

全部パーに

なってしまいます。

 

 

カレーを作りたいのに、

ラーメンの作り方しか知らない人に

教えてもらってたらめっちゃ頑張っても

カレーは作れるようになれませんよね。

 

 

受験も同じで

きちんとした勉強を

教えてくれる人から

アドバイスを

求めるようにしましょう!